自分が何ができる人間なのか?うまく伝えられたら面接はうまくいく

「また面接に落ちてしまった!」そう悩んでいる人はいませんか?
そして、面接でうまく自分のアピールができていますか?
今回は転職の面接の成功率を上げるコツをご紹介します。次の面接の前にしっかり準備をしておいてくださいね。

あなたを採用したら・・・

面接官の知りたいことは、ただひとつ。
「あなたを採用したら、わが社にどんなメリットがありますか?」

この相手の聞きたいポイントをつかみ、自分のできることをうまく伝えることができたら・・・面接はとてもスムーズに進むでしょう。今まで仕事をしていた人なら、できること・やってきたことはたくさんあるはず。面接とはそれをアピールする場なのです。

うまく伝えるコツは、根性論でいかないこと。どんなに「頑張ります!」と言っても、面接官には響きません。何故なら、面接で「頑張りません」と言う人はいないからです。

面接では、根性論ではなく
「○○の技術を使えます」
「○○の資格を生かして仕事ができます」
と、具体的にできることを伝えましょう。

そして面接官に
「この人ならうちに不足している○○の分野の強化ができそうだ」
「○○部で若手育成の要になって欲しい」
などと思わせることができたら、しめたもの。 次のステップに進むことができるでしょう。

中途採用の現場では、即戦力が一番の売りになります。「この人材、早く欲しいぞ!」と思ってもらえるような自己アピールをするようにしましょう。

練習が大切

とは言え、「そんな器用なことができたらもっと早く決まってるよ・・・」と嘆く人も多いでしょう。その通り、この「的確で」「価値ある」自分アピールは、とっさにはできるものではありません。

やはり面接には練習が大切です。そこで転職エージェントや人事畑の友人などにお願いして、模擬面接をしてみることをおすすめします。またそのような人に、自分の長所やアピールポイントを聞いてみるのもいいですね。自分では思ってもいなかった長所が聞けるかも知れませんよ。

人に頼めない場合は、1分間の自己アピールを録音して自分で聞いてみましょう。スマホの録音機能で十分です。声のハリ、おどおどしていないか、内容に過不足は無いかなどを客観的に判断できますよ。

1分間で端的に自分の良さ・価値を話すことができるようになったら、面接官からどんな質問が飛んできても大丈夫でしょう。

まとめ

転職の面接は「やる気アピール」の場ではありません。やる気はあって当たり前。それよりも自分が何を提供できる人間なのかをしっかり伝える練習をしておくことで、面接の結果は大きく変わっていきますよ。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめ記事

人気記事

  1. 人事担当者からのアドバイス

    自分が何ができる人間なのか?うまく伝えられたら面接はうまくいく
    「また面接に落ちてしまった!」そう悩んでいる人はいませんか?…
  2. 人事担当者からのアドバイス

    未経験OKの仕事に応募!面接でアピールすべきポイントとは?
    何歳になっても、初めての仕事に就くのは緊張すること。しか…
  3. エージェントサービスの利用方法

    エージェントサービスを賢く利用する方法
    数多くのエージェントサービスがある中で、上手く利用することは…
  4. 履歴書・職務経歴書の書き方

    志望動機の書き方
    転職において、志望動機は仕事に対する熱意ややる気といった部分…
  5. 転職の準備

    転職のタイミングはいつがベスト?
    転職活動にはタイミングが重要です。転職活動が活発になる時…