看護師の求人サイトに登録して転職をした「くまさん」の体験談

初めて看護師の転職をした大阪府在住「くまさん(女性)」の体験談です。

体験者 20代/女性/未婚
居住エリア 大阪府
転職した年月 2017年5月
転職回数 初めて
転職をする際に利用した転職サイトや人材紹介等 看護roo!、医療ワーカー、看護のお仕事
転職が決まった際に利用した転職サイト 看護roo!

転職のきっかけ、理由を具体的に教えて下さい

転職のきっかけは、ストレスによる心身症からくる体調不良でした。
新人でしたので、入社後1年間は過酷な労働環境であることは承知していましたが、どうしても耐えられなくなり、最終的に心身に障害をきたしてしまう事態にもなったので、このままこの病院で働いていては自分が潰れてしまうと思いました。
時間外労働は毎日5時間くらいで、日勤は7時~20時、中勤は15時~翌日2時、夜勤は22時~翌日12時くらいまででした。
これは、本来の労働時間とはかけ離れた労働時間でした。
休憩時間も、30分とかでした。
また、三交代ですので、きっちりと1日休みということは少なく、それに加えて休日と勉強会が重なってしまい、休日出勤する回数も多かったです。
この状態では十分にメリハリを付けることもできず、毎日が仕事と言うような状態でした。

転職活動の流れとしてどのように進められましたか?

転職活動をするに当たって、まずは、自分がこの病院で働くのが苦痛に感じる原因を分析しました。
その部分は、退職した理由にもなるので、今後自分が面接できかれた時にきちんと答えられるようにするためです。

そのようにして原因を考えて、師長さんや主任さん、教育担当の人に相談して解決できることなのかどうかを考えました。
転職しなくても解決できる原因であれば、転職はしない方がいいと思います。

色々な原因を自分なりに考え、師長さんなどに相談をして、今後どうしていくのがいいのかということについて話し合いました。
それぞれ、相談相手によってアドバイスは異なりましたが、自分がどうしたいのかを考え、またここで解決できるかどうかを見て転職するということに決めました。
業務量が多いというのは、急性期病院であるため、なかなか減らすことはできませんし、交代制も3交代から変えることはできないので、2交代の職場を探すことにしました。

私は、いくつかの看護師の求人サイトに登録して、求人探しをしました。
それぞれのサイトによって扱っているものも違いますので、より多くの求人をみて決めようと思いました。

看護師の転職には、だいたいキャリアサポートの人がつくのでその人に相談しながら、自分の希望や経験に合った職場を紹介してもらいました。

気になる病院があれば担当の人に連絡して、面談の日程を決めてもらい必要書類を作成して、それも添削してもらったうえで面接に持参しました。

面接では、必ず、退職した理由を聞かれるので、相手の病院が納得するような言い方を考えました。
また、しんどくて退職してしまったということは隠さずに素直に伝えました。
前の職場は退職してしまったけれど、看護師としては働き続けたいので、また次の病院で新たに頑張り直したいという前向きな気持ちも伝えました。

病院としてもすぐに辞めるような人は欲しくないので、きちんと自分の意欲を伝えられるように考えました。

転職活動の中で一番考えたのは、今後自分がどうしていきたいと考えているのか、どのように看護師として経験を積もうとしているのかという部分です。
そこがしっかりとしていないと、いきたい病院も絞れないですし、面接でも曖昧な返事をしてしまうからです。

転職をして「良かった点」を教えて下さい

前の職場とは比べ物にならないくらいに、気持ちにも時間にも余裕を持てるようになりました。
また、仕事が楽しく感じ、看護師をしていてよかったと思えるようになりました。
残業も少なくなり、仕事終わりに少し買い物をしたり、出かけることも可能になりました。
以前は休日になると、普段の仕事の疲れでずっと寝ているなどがほとんどでしたが、今の職場は2交代ですので、休日はしっかりと休むことができ、リフレッシュができています。
メリハリがつけやすくなったので、学習も効果的にできるようになりました。

転職をして「残念だった点」「こうすればよかったと後悔している点」などあれば教えて下さい

転職した先は、以前勤めていた病院とは異なり、慢性期の病院で、規模も200床程度です。
だから、最先端の医療技術や看護については、前の職場の方が情報も早く手に入っていました。
新しい知識や技術を身につけにくくなったのは少し残念です。
また、衛生的な設備も前の病院の方がきちんと整っていました。
働く環境(物品や施設の作りな)が少し不便になったことです。

また、転職活動をしたのが、病院を退職してからだったので、退職する前に次の職場を決めていた方が良かったと思いました。
そう思うのは、ブランク期間について、面接で何度も突っ込まれてしまったからです。

転職後の満足度、転職を終えてご自分なりの評価をお願いします

転職後の満足度としては、満足度100%です。
前の職場で働いていたら、確実に看護職を嫌いになっていたでしょうし、医療業界から立ち去っていたと思います。それくらい私にとっては過酷な職場でした。
そこを離れて、自分に合った病院で働けるようになってからは、看護師をしていてよかったと感じることができるようになりました。
また、看護師をしているということに自信も持てるようになりました。

それから、働いていた時はそこの病院のことは嫌なことばかりだと思っていましたが、実際に退職して、他の病院を見てみることで、自分の働いていた病院のすごさや設備の良さなど、働いていた時には気付くことが出来なかった、病院の良さに気付くことができました。
ですので、今の職場でもしんどいことがあっても、その職場の良いところは何かを考えて頑張ることができています。

今いる職場の良さというのは、離れてから分かったりするので、そうなってから後悔してしまうのは勿体ないので、そこ経験が私の中のストッパーになってくれています。

これは、転職をしたからわかったことですので、転職をしてよかったと思います。

これから転職をしようとしている方へのアドバイスをぜひお願いします

転職する前に、今の現状を転職せずに改善できることはないかを考えます。
一時的な感情などで転職をしてしまうと、後から困ります。
病院もたくさんの種類があるので、自分の意志をしっかりと持った状態で転職活動をするのがいいと思います。
大体、「ここではなくても、それを学べるところはありますよね」とか、「他も同じようなことをしていますが、どうしてうちの病院なのですか」などを面接で質問されます。
そこをきちんと自分の言葉で、説明できるようにしておかないといけないですし、突っ込んだ質問をされても、納得できる切り返しができるように考えておく必要があります。

ですので、自分が今後なりたい看護師像を具体的にイメージして、そうなるために必要な経験知識を得ることができる病院を選ぶようにするといいと思います。
そうしたら、面接で何を聞かれても、きちんと根拠をもって答えられると思います。

看護師は大変な仕事ですが、自分自身が心身共に健康でなければいいケアは提供できないと思っています。
しんどい中にもきちんと喜びややりがいを感じられる職場で、働けるのが自分にとっても患者様にとってもいいことだと思います。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめ記事

人気記事

  1. 人事担当者からのアドバイス

    自分が何ができる人間なのか?うまく伝えられたら面接はうまくいく
    「また面接に落ちてしまった!」そう悩んでいる人はいませんか?…
  2. 人事担当者からのアドバイス

    未経験OKの仕事に応募!面接でアピールすべきポイントとは?
    何歳になっても、初めての仕事に就くのは緊張すること。しか…
  3. エージェントサービスの利用方法

    エージェントサービスを賢く利用する方法
    数多くのエージェントサービスがある中で、上手く利用することは…
  4. 履歴書・職務経歴書の書き方

    志望動機の書き方
    転職において、志望動機は仕事に対する熱意ややる気といった部分…
  5. 転職の準備

    転職のタイミングはいつがベスト?
    転職活動にはタイミングが重要です。転職活動が活発になる時…